妊娠線を予防しておく

おなか

妊娠線とは妊娠中期や妊娠後期、また太りすぎなどでおなかにできるヒビ割れのような線のことです。妊娠線はおなかだけではなく、胸や太もも、お尻などにできたりもします。そして、最初は赤紫のようなヒビ割れが時間がたつと白くなり、消えなくなっていくのです。 では、どう予防していけばいいのでしょうか。妊娠線の予防の中で一番簡単な方法は、クリームを塗ることです。インターネットなどでは色々なクリームが出ています。その中でどの種類を選ぼうかと悩んでしまいます。基本的には入っている成分はほとんど同じなのです。なので、特別に高いクリームを使って予防するのではなく、たくさん入っているものをおすすめします。妊娠線予防に大事なのは乾燥させないことなのです。

先程書いたように妊娠線を予防するためにはクリームを塗り乾燥させないのが大事と書きましたが、クリームだけじゃなく、オイルも効果があります。 オイルの特徴として、真皮まで浸透する力があります。つまり、保湿能力が高いということです。しかし、保湿能力は高いですが、水分量は少なめになっています。その為、お風呂上がりにオイルを塗ると効果的です。 クリームかオイルかは好みによって違うので、その人にあったものを使うのがいいでしょう。また、おすすめの使い方は妊娠線の出やすいお腹にはオイルを、太ももや二の腕などにはクリームを塗るように使い分けるのがいいでしょう。 オイルとクリーム両方を使ってみて、自分にあったものを探してみてはいかがでしょうか。